産後の母乳 ココアは飲んでも大丈夫? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後の母乳 ココアは飲んでも大丈夫?

      2017/10/06

「母乳にコーヒーはダメ、ココアだったら?」

こんな事考えている方多いんじゃないですか?

今回は母乳に良い飲み物と控えた方が良い飲み物を

お教えします。

ココア

ココアは飲んでも良い? 母乳に影響はない?

結論から言うと1日1~2杯は問題ないです。

ただし、ココアを飲んでも良いか、悪いかの判断はココアの成分に関係しています。

ココアにもカフェインが入っていますので、大量摂取は避けるべきでしょう。

ココアによって純度の高いココアほどカフェインの量も多くなりますので、

注意してください。

ただし、カフェインの量が多いと言ってもコーヒーや紅茶に比べると

少ないので安心してください。

1杯あたり、150mlに含まれるカフェインの量ですが、

コーヒー   100~150ml

紅茶     30~75ml

緑茶     40~50ml

ココア    10~50ml

と言われています。

ココアでも調整ココアという砂糖や脱脂粉乳が入っているのもは

カフェインの量も少ないです。

また、ココアと牛乳はとても相性が良く美味しいのですが、

1つ注意しなければいけない事があります。

牛乳などの乳製品を多く摂ると、母乳の量も多くなり赤ちゃんが

飲みきれず母乳を残してしまう事があります。

そのとき、乳腺に母乳が詰まり乳腺炎を惹き起こしてしまう事

があるからです。

もし牛乳を入れるのであれば、少量に控えめにしましょう。

 

授乳中 飲んでも良い飲み物 控えた方が良い飲み物

飲んでも良い飲み物

代表的な飲み物として、甘酒、ローズヒップティー、ルイボスティー、

たんぽぽコーヒー、麦茶、ごぼう茶などです。

甘酒 甘酒は栄養価も高く疲労回復に効果があると言われています。

ローズヒップティー このハーブティーは貧血予防や免疫力を助ける作用があります。

ルイボスティー ルイボスティーにはいろいろな効能があります。
むくみ、冷え、便秘、嬉しいのが美肌効果です。

たんぽぽコーヒー たんぽぽコーヒーは体を温める作用があり、ノンカフェインなので
安心です。

麦茶 麦茶には、血行促進、抗酸化作用、虫歯予防などの効果があります。

ごぼう茶 ごぼう茶にはサポニンが含まれているので若返り効果があります。
また、便秘、むくみ、冷え症を解消してくれる効果もあります。

ハーブティー

 

控えた方が良い飲み物

お酒 飲酒をするとアルコールは母乳に出ます。

カフェインが入った飲み物

コーヒー紅茶緑茶コーラなど。

ノンカフェインのコーヒーや紅茶は飲んでも良いです。

清涼飲料水 糖分、添加物が多く含まれるサイダーやジュース類。

乳製品 牛乳などです。ただし、全く摂るなという事ではありません。

摂り過ぎに注意という事です。また、摂るのなら低脂肪牛乳をお勧めします。

ハーブティー 飲んでも良い飲み物と矛盾しますが、ハーブの種類によっては、

母乳を止める作用がある「セージ」や「ペパーミント」を配合したハーブティー

もありますので、注意しましょう。

コーヒー豆

 

カフェイン入りの飲み物が悪い理由

カフェインは母乳に移行します。

その量は摂ったカフェインの1パーセント位と言われています。

カフェインには、覚醒効果という睡眠を妨げたり、興奮する作用があります。

そのため、赤ちゃんが摂取すると寝つきが悪くなったり、

夜泣きなどを起こしやすくなる事があります。

このような理由から、カフェインはできるだけ摂取するのは

控えた方が良いでしょう。

今現在、赤ちゃんの夜泣きで悩んでいるママは少しの間、

コーヒー、紅茶、緑茶、ココアは控えたほうがよいでしょう。

 

授乳中でも安心して飲めるおすすめの飲み物

授乳中のママさんには水分補給が欠かせません。

なぜなら、母乳の8割が水分で出来ているからです。

1日の水分の摂取量は成人女性で約2リットル必要ですが、

授乳中のママさんの場合、その倍の約4リットル必要と

言われています。

それだけの水分を「水」だけで採るのは難しい事ですよね。

かと言って甘いジュースやカフェイン入りのコーヒーは

控えたいですよね。

そこで、紹介したいのが、ティーライフが作ったノンカフェインの

「たんぽぽ茶」「たんぽぽコーヒー」です。

母乳育児を応援する飲み物として好評です。

カフェインが多いココアや脱脂粉乳が入っているココアよりも

赤ちゃんにやさしい「たんぽぽ茶」と「たんぽぽコーヒー」はおすすめです。

利尿作用によるむくみや冷え症、疲労回復などの効用があり、昔から

妊娠中・授乳中の女性に支持されている飲み物だからです。

この「たんぽぽ茶」と「たんぽぽコーヒー」は芸能人やタレントのブログでも

紹介されていて、育児雑誌の「たまごクラブ」や「ひよこクラブ」にも掲載されて

いるので、知っているママもいると思います。

でも、効用までも知っているママも少ないと思いますので、

1つ紹介したいと思います。

「たんぽぽ茶」は体を温めるを作用があると言われれています。

母乳は血液から出来ていますので血行が良くなると母乳の出も良くなる

考えられています。

母乳育児で母乳の出が悪いと悩んでいるママには試す価値はあると思いますし、

そうでなくても、カルシウムや鉄分も補えますので、産後には最適な飲み物だと

思います。

もし、ティーライフの「たんぽぽ茶」「たんぽぽコーヒー」は自分に合わなかったと

思ったら30日間返品・返金保証が付いていますので安心です。

 

一度チェックだけでもしてはいかがですか?

「たんぽぽ茶」はこちら ↓ ↓ ↓



「たんぽぽコーヒー」はこちら ↓ ↓ ↓



美味しい飲み物は水から

美味しい飲み物を飲むのには美味しい水が欠かせません。

日本の水道水は世界一のレベルで安全で美味しいと言われています。

すべての自治体で水道法で定められた水質基準をクリアーはしていますが

それでも、殺菌を塩素消毒した後の残留塩素や中毒性のある

発がん性物質の疑いがある「トリハロメタン」が含まれている

可能性が有ります。

そのため、浄水器を付けて直接水道水を飲まないようにしたり、

食事に使用する水だけはミネラルウォーターにかえている

という家庭も増えています。

安全性や美味しさを水道水とミネラルウォーターで比較しても

ミネラルウォーターの方が優位です。

ミネラルウォーターで作るお茶やミルクは美味しく、安心です。

でも、スーパーやコンビニで、赤ちゃんを抱っこしてミネラルウォーターを

買って家まで持ち帰るのは大変ですよね。

でも、そのミネラルウォーターより、もっと安全な水があるのを知っていますか?

それは次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」で作った水です。

「CoolQoo」は海水や牛乳までも真水に変えてくれるROろ過(逆浸透膜)

搭載したウォーターサーバーだからです。

また、品質実証実験でも不純物量が東京都の水道水の10分の1以下という

結果も出ています。

赤ちゃんのミルクや家族にも安全で安心な水です。

また、このウォーターサーバーの最大の特徴は、ノンボトルであるという事です。

今までのウォーターサーバーは「○○の天然水を使ったウォーターサーバー」など、

定期的にボトルを配達してもらうのが普通でした。

そのため、不在のときなどは受け取れませんよね。

このウォーターサーバーは、ノンボトルですのでその心配はありません。

その他にもボトルの保管場所の確保 ・重いボトルの設置作業

に悩まされる事がないのも嬉しいですよね。

また、宅配水から「CoolQoo」に乗り換えた97パーセントのお客様

が満足と回答してくれています。

是非一度、次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」をご覧ください。

次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」はこちら ↓ ↓ ↓



 - 母乳