産後の母乳 風邪には葛根湯が良い? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後の母乳 風邪には葛根湯が良い?

      2016/06/09

「体中が痛いし、寒気がする、風邪かな?

でも赤ちゃんに母乳を与えているし、風邪には

葛根湯が良いと聞くけど大丈夫?」

という方に、今回は風邪を引いた時、「母乳に葛根湯が

悪影響しないか」についてまとめてみました。

 

「葛根湯」とは?

「風邪には葛根湯」と言われるほど、風邪には効果があります。

葛根湯は漢方薬で、葛根、麻黄、桂枝、大棗、甘草、芍薬、生姜の

7種類の生薬で出来ています。

発汗作用や鎮痛作用があり、寒気や喉の痛みをやわらげ、血行を

促進する事から、風邪を引いた時によく用いられます。

マスクの女性

母乳が出るようにサポートをするお茶【母なるおめぐ実】

 

「葛根湯」 母乳に悪影響は無い?

漢方薬西洋薬に比べ、体に優しいと言われています。

それは、化学合成が主流の西洋薬に比べ、漢方薬は薬草などから

作った自然素材の薬だからです。

そのため、効き目もおだやかですが、副作用も少ないからです。

しかし、風邪以外で例えば、便秘を改善するため下剤作用のある

大黄甘草湯を服用すると、その成分が母乳に移行して、

赤ちゃんが下痢を起こす場合があります。

なので、全ての漢方薬が良いと言うわけではありません。

「葛根湯」に含まれている「麻黄」には、興奮作用があり

その成分が母乳に移行して、赤ちゃんの顔にほてりが出たり、

頻脈が出る場合もあるそうです。

ただし、これは稀で気にするほどでも無いという事です。

もし、心配であれば授乳後に飲むと良いでしょう。

「葛根湯」は授乳中でも飲める安全な漢方薬と言われています。

また、母乳のつまりが原因の「乳腺炎」にも効果があるとされています。

風邪かなと思ったら、西洋薬でなく、漢方薬の「葛根湯」をお勧めします。

なるべくなら、市販品でなく専門医に処方してもらった「葛根湯」が安心です。

どうしても心配であれば、自己判断をせず医師に相談してから服用しましょう。

漢方

 

「葛根湯」を服用するときの注意点

「葛根湯」に含まれる「甘草」には、むくみや血圧を上昇させる作用が

ありますので、長期間続けての服用はしないでください。

「葛根湯」が体質に合わない方がいますので、次の方にはお勧めできません。

発汗が強い方

胃腸虚弱な方

甲状腺機能障害

排尿困難な方などです。

「葛根湯」は風邪の初期状態に効果を発揮します。

熱が上がったり、すでに汗をかいているときは「葛根湯」を

飲んでも効果がありませんので注意しましょう。

「葛根湯」を服用する場合は、空腹時白湯で飲むと効果が出やすいです。

また、服用して下痢や腹痛、湿疹、かゆみなどの症状が現れた場合は、

すぐに服用を止めて、医師に相談して下さい。

以上が「葛根湯」を服用するときの注意点です。

参考にして下さい。

 

 

母乳が出るようにサポート

                                  ↓   ↓  ↓



 - 母乳 , ,