授乳中のアルコール(お酒)は本当に飲んではダメ? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

授乳中のアルコール(お酒)は本当に飲んではダメ?

   



今、完全母乳育児で授乳中なのに、

「育児でストレスが溜まっている、そんな時寝酒でビールを一口」

「仲の良い同級生と女子会、盛り上がってついつい飲んでしまった」

なんてママもいるかもしれませんよね。

でも、アルコール(お酒)は母乳に影響するという事をよく聞きます。

授乳中のアルコール(お酒)は本当に飲んではダメなのでしょうか?

こんな疑問について調べて見ました。

 

授乳中のアルコール(お酒)は飲んでは良いの悪いの?

結論から言うと授乳中はダメです。

昔はアルコール(お酒)は血行の流れを良くしてくれるので

母乳の出も良くなるから少しなら飲んでも良いなどという事も

民間療法として言われていたそうです。

今は母乳の出も良くなると言って勧める人はいませんし、

多くの医師や助産婦さんも反対です。

なぜなら、ママが摂取したアルコール(お酒)のうち約2パーセントが

母乳に移行すると言われています。

ママの体重の10分の1位の赤ちゃんにとっては決して少ない量では

ありません。

アルコール(お酒)が赤ちゃんにどのような影響を与えるかという

実験データはありませんが、妊娠中のママの飲酒が原因で起こる

胎児アルコール症候群という病気もありますので、全く赤ちゃんに影響が

無いとは言い切れませんので注意しましょう。

医者

「どうしても」「つい」アルコール(お酒)を飲んでしまった場合の対処法

ミルクで育てているママにはアルコール(お酒)の摂取は問題はないのですが、

完母や混合栄養で育てているママの場合はその対処法は気になりますよね。

「育児ストレスでつい飲んでしまった」

「親戚の結婚式で飲んでしまった」というのはよくある事です。

その時の対処法を調べて見ました。

まず、混合栄養で育てているママの場合は、

1 アルコール(お酒)が体内から抜けるまでミルクにする

2 搾乳した母乳を与える

完全母乳育児で育てているママの場合は、

1 搾乳した母乳を与える

この方法がベストだと思います。

搾乳した母乳については「搾乳した母乳の保存方法はどうする?」
の記事を参照してください。

 

ストレスで飲みそうになった時の注意点

 

ストレス

ママも人間です。

育児ストレスで飲んでしまう時もありますよね。

お酒を飲んでストレスを発散できて気持ちが晴れる

といった経験をした方も多いと思います。

でも、その経験が頭の中に刷り込まれると、何かあるとお酒に頼ってしまい、

ついにはアルコール依存症になってしまうケースも多いようです。

その様なことにならない為の対処法として、ノンアルコール飲料を飲んで

気を紛らわすという方法もあります。

例えば、ビールテイストやカクテルテイストという飲み物です。

聞いた事ありますよね。

アルコールは入っていませんが、フラフラして酔った気がするという方も

多いようです。

酔った気分になって気を紛らわすのも良いのではないでしょうか。

ただし、1つ注意点としてノンアルコールといっても、中にはごく少量ですが

アルコールが入っているものもありますので、ラベルの確認はしましょう。

ノンアルコールについては「授乳中のノンアルコールは飲んでも大丈夫?」
の記事を参照してください。

産後は育児、家事、寝不足などが原因でストレスに悩んでいるママも多いようです。

その為、ついお酒に手を出すママもいるのではないでしょうか。

でも、そのストレスは女性ホルモンの乱れが原因で引き起こされている

場合があるのを知っていますか。

特に産後のママは女性ホルモンが乱れている状態にあります。

時間が経つと自然に女性ホルモンは正常に戻るのですが、

その間はツラいですよね。

少しでも早く女性ホルモンを正常に戻してストレスから解放されたいですよね。

その助けをしてくれるグッズがあります。

それは、女性ホルモンバランスプランナーの鳥居ますみさん監修の

「女子のおまもり ハーブティー」というハーブティーです。

イライラや気分を抑制できない時にお酒ではなく、このハーブティーを

飲んで気を休めてください。

詳細は「女子のおまもり ハーブティー」の公式ホームページをご覧ください。

「女子のおまもり ハーブティー」はこちら↓ ↓ ↓



 - 母乳 , , ,