搾乳した母乳の保存方法はどうする? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

搾乳した母乳の保存方法はどうする?

   

赤ちゃん

 

完全母乳育児で育てていて、何らかの事情で母乳をあげられない

ときありませんか?

例えば「薬を飲んでいる間は母乳をあげてはいけないと医者に言われた」

「急な用事で出かけなければいけない」

「乳首のひび割れが痛い」

「お酒を飲んでしまった」など・・・

その様な時に便利なのが母乳を搾乳して保存しておくことです。

でも、搾乳した母乳の保存方法や賞味期限なんてわかりませんよね。

そんな疑問について調べて見ました。



 

母乳を正しく搾乳する方法

母乳を搾乳するには2通りの方法があります。

1つ目は手で搾乳する方法です。

2つ目は搾乳器を使う方法です。

1も2も搾乳する前には手を石鹸で洗い、乳房を清浄綿で拭き

清潔にしてから行います。

母乳を摂る哺乳瓶や母乳ボトルもキレイに殺菌したものを使いましょう。

1つ目の手で搾乳する方法は、片方の手に母乳を入れる哺乳瓶や

母乳ボトルを持ちます。

次に搾乳する方の手の親指と人差し指の腹を使って乳輪を

軽く押しながら乳頭へ移動させます。

強く押すと痛い時がありますのでその辺は加減してください。

また、同じ個所だけではなく、いろんな方向から搾乳するようにしましょう。

搾乳する時間は左右の乳房あわせて15~30分を目安に行ってください。

搾乳する前に乳房をマッサージすると血行が良くなり母乳が

出やすくなりますので覚えておきましょう。

2つ目の搾乳器を使う方法ですが、搾乳する前に搾乳器を

キレイに殺菌しておきましょう。

また、搾乳器には手動のもと電動のものがあります。

どちらのタイプを使ってもよいのですが、それぞれ特徴があるので覚えておきましょう。

手動タイプは自分で搾乳する力や量を調整ができる事。

そのため、乳首を傷める危険も少ない。

電動タイプよりも値段が安い点などのメリットがあります。

ただし、手を握ったり離したりするので疲れるのと、時間がかかるのが

デメリットです。

電動タイプは手動タイプに比べて手が疲れない、搾乳時間が早いのが

メリットです。

ただし、搾乳する力を調整できない商品が多いので、乳首を傷める危険

もあります。

最近では、力の調整ができる商品も出てきていますが、高価です。

全般的に手動タイプよりも高価な点はデメリットです。

搾乳器

 

搾乳した母乳の保存方法とは?

搾乳した母乳の保存方法は、常温保存冷蔵保存冷凍保存

その使い方によってかわります。

常温保存の場合は、暗室で室温25度以下という条件で30分以内に

飲ませるようにしましょう。

それ以上過ぎると鮮度も落ち、細菌も繁殖しますので要注意です。

保存する容器は消毒した哺乳瓶で大丈夫です。

冷蔵保存の場合は、母乳の鮮度や成分の劣化という面では

常温保存や冷凍保存よりも優れています。

通常、冷蔵庫の室温が4度以下であれば3日から5日は保存可能といわれて

います。

でも、食事の用意などで頻繁に冷蔵庫を開け閉めを繰り返すと

室温も4度以上に上がってしまいます。

できれば、24時間以内に飲ませるのが理想です。

24時間以上開く場合は冷凍保存にしましょう。

冷蔵保存する容器は消毒した哺乳瓶でも大丈夫ですが、冷凍保存に

切り替えるときは母乳冷凍パックに母乳を移し替えて

使用するようにしましょう。

そのときは、搾乳した日付の記載も忘れずにしましょう。

冷凍保存の場合、室温の変化が少ない所(冷凍庫の奥など)に入れて保存

すると1~3か月は保存可能です。

でも、鮮度などを考えると2週間から1か月で使い切るのが理想です。

古くなると味も落ちて美味しくありません。

冷凍保存する容器は専用の母乳冷凍パックを使用します。

そのときの注意点として搾乳した日付を記載する。

空気を抜いて密閉をする。

母乳は冷凍パックの3分の2くらいの量にする。
(冷凍時に膨張して破損することがあるから)

などがあげられます。

 

保存した母乳の解凍方法

常温保存、冷蔵保存の場合は、容器ごと湯せんして36度から37度位

の人肌まで温めます。

冷凍保存の場合は、一度冷蔵庫に移して自然解凍をします。

自然解凍したら母乳冷凍パックから哺乳瓶に母乳を移し替え、

常温保存、冷蔵保存のときのように湯せんして人肌まで温めます。

絶対に直火や電子レンジで温めたりしないでください。

母乳自体の成分が壊れてしまいます。

また、飲み残した母乳は再利用できませんので、もったいないと

思いますが破棄して下さい。

 

母乳不足を心配するママには搾乳をおすすめします

「完母育児をしたいのに全然オッパイが張らない」

「赤ちゃんが飲み始めると急に出てくる、でも、いつ出なくなるか心配」

というママも多いようです。

一般的にいう「差し乳」です。

差し乳については「産後 差し乳になって母乳不足?」の記事を参照してください。

赤ちゃんを産むと自然にオッパイが張って母乳は出てくると

思っているママも多いのではないでしょうか?

確かに、いつもオッパイが張って苦しいというママもたくさんいます。

「溜まり乳」のママの事です。

でも、「差し乳」でいつ出なくなるか心配するママには、母乳が出ているうちに

搾乳をして保存しておく方法もあります。

少しでも母乳によるストレスは軽減されると思います。

また、母乳が出ないと心配なママには、母乳ケアできるサプリメントもあります。

おすすめは「すくすく母乳の泉」というサプリです。

それは、母乳育児に必要な14のビタミンやミネラルがしっかりと配合されている。

30日間の安心返金保証も付いている。

それと、多くのお客様が実感しているということです。

お喜びのお便りも多数届いています。

詳細は「すくすく母乳の泉」の公式HPにありますのでご覧ください。

「すくすく母乳の泉」はこちら↓ ↓ ↓



 - 母乳 , ,