産後の貧血 母乳に悪影響はある? 薬は飲んでよい? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後の貧血 母乳に悪影響はある? 薬は飲んでよい?

   

赤ちゃん

 

妊娠中から貧血気味で薬を処方されていた方も多いですよね。

実は産後もその状態が続く人が少なくありません。

出産の際に大量の出血があった場合には一時的にめまいなどの症状が起きやすいことも

ありますが、妊娠中から貧血があった場合には特に気を付けておくことが必要です。

そもそも体調が悪い・めまいがあるだけで母乳とはあまり関係ないと思うかもしれませんが、

実は深く関係しています。

産婦人科で説明を受けた方も多いとは思いますが、母乳の主な成分は血液です。

白いので血液が主成分なんて言われないと想像できませんよね?

血が赤いのは赤血球が含まれているからです。

この赤血球が入っていないので白いというわけです。

つまり、母体が摂取する食事からの影響や過度な疲労も関係があります。

血液を元にして体内で作り出しているので、お母さんの体調が悪いと

あまり母乳も良くないのは当然ですよね?

特に完全母乳で育てたいと思っている方は、貧血だと十分な量が出なくなるので早期回復が必要です。

母乳の出が悪い時には鉄分不足も疑ってみるといいでしょう。

もし軽くてもめまいがある状態であれば、酷くなる前に医師に相談して下さい。

早めに分かると服用期間も短く回復も早くなります。

では授乳中に薬を服用しても大丈夫なのでしょうか?

特に産後は服用する事で赤ちゃんに直接影響してしまうのではないかと

不安になってしまいがちです。

 

薬

医師に相談すれば影響の出ないものを処方してくれるので安心です。

妊娠中でも服用した経験がある方も多数いますよね?

それくらい一般的なので、産後も病院で処方してもらえば大丈夫です。

過度に心配する必要もありません。

薬を飲む際に一緒に摂取すると効果が高いのが水です。

母乳の成分は血液だけでなく水分も多いので、水も多めに摂取して

普段の生活でも適度に飲んでみて下さい。

赤ちゃんにすべて栄養を与えている状態なので、貧血に悩んだ時には

薬と水分で大分症状が軽くなるはずです。

産後は様々な影響が体に出てきて母体としては辛いかもしれません。

できるだけ緩和して、今しかできない育児を楽しんでできるといいですね。

薬は使いたくない、苦手、というママにはサプリメントを摂るという方法もあります。

実は、薬には効果もありますが逆に副作用もある事を知っていますか?

内服の場合、食欲不振、下痢、便秘、腹痛などの症状を起こすことがあります。

すべてのサプリメントが安心というわけではありませんが、なかには副作用を

起こすものもあります。

今おすすめのサプリメントに「 美めぐり習慣 」というのがあります。

このサプリメントは鉄分補給はもちろん、 葉酸・ビタミンB12・ビタミンB6・ビタミンCが

1日分が摂取できる【 栄養機能食品 】です。

また、ポカポカ成分のオーガニック生姜も配合しておりますので、冷え症の改善にも

効果が期待されています。

このサプリメントは薬ではありませんので副作用はありません。(使用上の注意は要確認)

今なら返金保証も付いていますのでお得です。

「 美めぐり習慣 」はこちら↓ ↓ ↓



サプリメントを摂るのにも抵抗があるママには、薬もきつい運動も行わなくてよい、

ある簡単な3ステップの方法で貧血を改善するプログラムがあるんです。

貧血は鉄分不足も原因です。

でも、いくら鉄分補給をしても体が鉄を吸収できなければ

意味が有りません。

このプログラムはまず体が鉄を吸収できる体質に改善する方法から行います。

難しいように思えますが、小学生でも簡単にできて、しかも時間も10分程度で

TVを観ながらできるプログラムです。

また、道具なども使わない非常にシンプルな方法です。

早い人で14日間で効果があらわれたという方もいます。

貧血の薬は一時的なもので、貧血を治癒する事はできません。

この方法を知れば、一生貧血に悩まされる事がない体にしましょう。

「貧血体質改善プログラム」はこちら↓ ↓ ↓

貧血プログラム

 - 血圧 , , ,