産後の膀胱炎 原因と対処法は? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後の膀胱炎 原因と対処法は?

      2017/08/30

お花

 

出産という大仕事を終えた後、体はかなり疲労しています。

免疫力が落ちているにも関わらず、産後も続く悪露が原因で

膀胱炎になることもあります。

清潔に保つことが大事ですが、抜糸が終わるまでは怖くて患部を洗えない方も

多くいて、こういった状況も膀胱炎を引き起こす原因の一つです。

入浴の許可が下りる時期は医師により様々なので、一概には言えませんが

出産直後は入浴ができません。

いつから入浴又はシャワーが使用できるのかはあらかじめ聞いておきましょう。

膀胱炎の原因は、ほとんどが細菌感染によるもので、

とくに女性に多い病気です。

それは、女性の体の構造に原因が有ります。

肛門や膣が尿道の近くにあるので、細菌が膀胱に入りやすい

構造になっているからです。

ですから、外陰部は清潔にすることで、膀胱炎を防ぐことが出来ます。

では膀胱炎とはどんな症状が出てくるのでしょうか?

産後は体のあちこちに痛みを感じるのでなかなか気づかない場合

もあるかもしれませんが、排泄する時に酷い痛みを感じる事があります。

また、尿が濁ったり頻尿を起こす事も有ります。

場合によっては尿に血が混ざることもありますが気づきにくいのが難点です。

出産後だから出血しているのでは?と軽く考えずに、

少しでも異変があればすぐに相談してみましょう。

 

膀胱炎

 

安易かもしれませんが、もしもなってしまったら早期発見・医師に相談が一番の対処法です。

患部を清潔に保ち頻繁ににトイレに行く事で徐々に回復する場合もありますが、

やはり医師に相談するのが良いでしょう。

母乳を赤ちゃんに与える大事な時期なので、影響のない薬を処方してもらうこともできます。

市販薬もドラッグストアなどで入手できますが、

母乳の問題だけでなく出産後は体調も万全ではないので、

病院で処方してもらうことをおすすめします。

出産が初めての方は特に産後に膀胱炎にならない為の対処法を知っておきましょう。

出産後は患部を縫っていることが多いので排泄が怖いと感じる経産婦さんが多いのです。

これが一番多い原因といってもいいほど、経産婦さんによくある悩みです。

何もしていなくても痛いのに、排泄が怖いと感じるのは仕方がないことです。

傷口が開きそうで怖い。そもそも痛いなど理由は様々ですが、

排泄の回数を極力減らそうとしてしまうと膀胱炎になりやすくなってしまいます。

可能であれば歩くだけでも辛い産後はトイレに近い病室を選ぶといいですね。

また、治療してしばらくたっても治らない場合は、間質性膀胱炎

場合があります。

この間質性膀胱炎は原因が細菌感染ではありませんので、治療方法も

違います。

変だなと思ったら、早めに専門のクリニックに行ってください。

膀胱炎は症状が軽い場合は自然治癒する事もありますが、

専門のクリニックで治療するのが一番の早道です。

また、膀胱炎になった時、クリニックで治療はしますが、

自分でも出来る事があります。

1 下腹部を温める。

2 治るまで、性交渉は避ける。

3 ストレスを溜めないようにして免疫力を高める。

4 普段より水分補給を多めにする。

などです。

育児中は何かと大変ですが、焦らずに治してください。

膀胱炎を治すときの水分補給は、水道水より安全で

おいしい天然水がおすすめです。

ウォーターサーバーの「アクアセレクト」なら伊勢神宮の水を

使用していて、冷水と温水一台で2役です。

夜中のミルク作り眠くて大変ですよね。

そんなときは、すぐに水とお湯が出て温度調整が楽な

ウォーターサーバーが便利です。

「アクアセレクト」なら放射能検査もクリアしているので

大切な赤ちゃんにも安全です。

「アクアセレクト」はこちら ↓ ↓ ↓



知っている方は少ないと思いますが、ブルーベリーが膀胱の

感染症予防に期待で来るといわれています。

ブルーベリーの成分であるビタミンAが膀胱の粘膜を保護し、

細菌の侵入を防いでくれるからです。

尿路感染症など膀胱の感染症を予防したい方には、

やわたの【北の国から届いたブルーベリー】がおすすめです。

700万袋突破!やわたの【北の国から届いたブルーベリー】はこちら ↓ ↓ ↓



 - 膀胱炎 , , ,