産後の膀胱炎 市販の薬は使って良い? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後の膀胱炎 市販の薬は使って良い?

      2016/11/03

トイレ

 

 

産後の膀胱炎を治すには抗生物質などの薬で治すことが多いです。

母乳育児をしていなければ、問題ないのですが、

特に母乳で育児をしているお母さん達は薬を服用する事

に抵抗を感じることが多いと思います。

母乳を通して赤ちゃんに影響が出たらどうしよう、と不安になることもありますよね?

膀胱炎を治すために一番早いのがやはり病院で受診することです。

一般的な病院で診てもらわないといけないというわけではなく、

膀胱炎は産後に起こりやすい症状なので、ほとんどの産婦人科でも

薬を処方してもらうことができます。

産婦人科であれば赤ちゃんと一緒に来院しても安心なので、

少しでも膀胱炎かなと思う症状があれば迷わず相談してみて下さい。

赤ちゃんの検診が多い時期なので、ついでに受診できるのは大きなメリットです。

薬の種類は多数あり、含まれている成分としては、授乳中でも飲んでも

大丈夫と言われているものもあります。

しかし授乳中の方は、シプロキサンという抗生剤が含まれているものは

避けた方がいいなど、医師によっても意見は様々です。

授乳中だと伝えると、効き目は少し弱くても母乳に影響の出ない薬が

処方されるというケースが多いようです。

 

病院

ではドラックストアなどで簡単に購入できる市販薬は使用してはいけないのでしょうか?

薬剤師さんが在籍しているドラックストアであれば相談してみる

事もできるのではないでしょうか。

どうしても市販のものを購入したいという場合には状況を伝えてみてはいかがですか。

ただ、薬剤師さんが大丈夫と言ったけど不安が残るという場合は

やはり病院での受診がおすすめです。

特に産後母乳育児をしている方は不安なまま服用するのはストレスにも繋がるので、

安心できるものを服用していくといいでしょう。

結論としては市販薬が全てダメというわけではありません。

しかし産後は体調が戻るまでにかなり時間がかかり、体質が変わっていることもあります。

納得して服用できる場合はいいですが、少しでも心配だと感じている方は

病院で処方してもらう方がいいでしょう。

ただし、どうしても緊急な場合は市販のものを服用して少しの間、

母乳をやめておくということもできるので、

時と場合に応じて使い分けできるといいですね。

膀胱炎の原因のほとんどが、細菌が膀胱に侵入して炎症を起こす事で発症します。

対策としては、普段よりも水分を多く摂り、トイレを我慢しない事です。

どうしても、排尿時の痛みでトイレを我慢しがちですが、逆効果になってしまいます。

排尿することで、膀胱の細菌を洗い流してくれることが期待できるからです。

水分の過剰摂取はいけませんが、適度に摂る事が必要です。

できれば、水道水よりもウォーターサーバーの天然水がおすすめです。

なぜならば、メリットが多いからです。

まずは、安全でおいしい事、冷水と温水1台で2役なのでミルクを作るときに便利、

いつでも、お湯や冷たいお水が飲める、

重いミネラルウォーターを自宅まで配送してくれるなどです。

デメリットとしては、水道代+ウォーター代がかかるという事です。

これは、使い分けをする事で解決します。

参考までに、天然水でもっとも安い ウォーターサーバー「アクアセレクト」

という商品が有ります。

一度チェックだけでもしてはいかがですか?

伊勢神宮ゆかりの天然水を使用しています。

ウォーターサーバー「アクアセレクト」はこちら ↓ ↓ ↓



 - 膀胱炎 , ,