産後クライシスって何? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後クライシスって何?

      2017/01/31

産後、「夫のスキンシップが煩わしい」「夫の言葉にイライラする

夫に愛情が持てなくなった」なんて経験したことありませんか?

それは産後クライシスかも知れません。

 

産後クライシスとは?

クライシス(crisis)を日本語に訳すと「危機」という意味になります。

すなわち、「産後の危機」となります。

少し解りずらいですが、簡単にいうと、「産後クライシス」とは、産後に夫婦関係や

社会関係が悪くなる現象を言います。

もとは、NHKが作った造語ですが、昔から世界中にあって、家族社会学という学問の

分野で研究されている現象です。

2012年9月にNHKのテレビ番組「あさイチ」で放送したところ、反響を呼び、

その後書籍などに紹介されるようになました。

口論

「ホルモンバランスの崩れで体調不良」を改善する方法

 

産後クライシスの現状

産後クライシスの現状「産後クライシス」についてベネッセが、こんな調査を行っています。

それは夫婦の愛情についての調査で、妊娠してから約三年後までの調査です。

対象は約300人で、「夫または妻への愛情を実感する」という答えに妊娠期には夫・妻ともに

74.3%だったのが、0歳児期では夫が63.9%、妻が45.5%に、2歳児期では夫が51.7%、妻が34.0%にと

愛情が薄れていく傾向にあるそうです。

また、厚生労働省が5年に1度行う、母子世帯等調査では、「末の子どもが何歳の時に離婚したか

という質問で「0~2歳」がもっとも多く全体の3割近くを占めたそうです。

この調査から「産後クライシス」の状態で、このような結果に繋がったと思われます。

怒る女性

産後クライシスはなぜ起きる?

産後クライシスが起きる原因は一言ではいえませんが、家庭環境の変化、育児の悩み、

疲れ、夫が協力してくれない等の不満、ホルモンバランスの乱れ、などなど複数の要因

絡まりあって起きるのとされています。

しかし、夫婦が親になるという事はいろいろな意味で今までの環境を一度リセット

し直さなければいけないと言う事でまあります。

「夫への不満」や「体調の変化」などあるにしても、子供を育てていく上でさまざまな困難を

跳ね返す心構えと覚悟が必要です。

 

産後クライシスは解消できる?

産後の女性は、赤ちゃんに母乳を与えれとオキシトシンというホルモンが大量に

分泌します。

このホルモンは性的エクスタシーを感じると出るホルモンです。

赤ちゃんとのスキンシップや授乳によって性的エクスタシーを

感じると、夫との関係はどうしても遠慮がちになってしまいます。

ましてや、寝不足や育児で疲れている時なら、なおさらです。

でも、夫の生理的欲求も理解できます。

その様な場合は、一緒に寝る、お風呂に入る、ハグするなどの

スキンシップをして生理的欲求を満たしてあげるようにしましょう。

この症状は一生続くわけではありません。

授乳期が終わると自然と改善していきます。

また、どうしても苦痛を感じる場合はセックスカウンセリングを

受ける事をお勧めします。

セックスカウンセリングを受けれる病院は各地にありますが、

数は少ないです。

ネットでも調べることが出来ますが、通院している病院の看護師さんに

相談するのも良いでしょう。

子供もでき、明るい家庭を築くためにも夫婦関係は良好にしたいものです。

自分だけ苦しむのではなく、夫にも相談して協力してもらいましょう。

 

離婚なんて最悪の結果にならない為の方法

産後クライシスになると、夫に対してのイライラが止まらないと

いう現象が最も多いようです。

里帰り中、夫が来てイライラ、ついには喧嘩なんて事もよく聞きます。

夫に会うのが憂鬱で「当分来ないで」なんて言ったら離婚に向かって

まっしぐらです。

イライラして怒る前に大きく深呼吸を3回して心を鎮めましょう。

産後クライシスが原因で離婚したママの多くは、その後の育児、金銭の問題などで

苦労して離婚を後悔している場合も多いようです。

ホルモンバランスの乱れで異常に母性本能が働き、

協力者である夫を近づけなくするなどのケースもありますが、

夫が育児に関心が無い育児で疲れが溜まっているライフスタイルの変化

夫への不満などが主な原因です。

それを一つ一つ解決していけば離婚の危機も回避できます。

夫が育児に関心が無いのは、育児はママの仕事と思っているかも知れません。

そのような時は、育児の手を抜いて夫におむつ替えなどを手伝わせるように

仕向けると効果があるかも知れません。

その時は夫をおだてて、「ありがとう」の一言を忘れずにしましょう。

育児で疲れが溜まっている時は、核家族で親と同居していなければ、一時的に

お母さんを呼んで手伝ってもらうのがよいでしょう。

親と同居の場合は家事だけでも家族に協力してもらいましょう。

また、家事、育児を全て完璧にしようと思わないで手を抜く事も必要です。

まずは出来る事から解決していけば「離婚」という最悪な結果には

ならないと思います。

産後はホルモンバランスが乱れてイライラしたり落ち込んだり、

感情の起伏が激しくなる事がよくあります。

それが産後クライシスの原因であることもあります。

また、ホルモンバランスの乱れを整える事で女性特有の冷え症や低血圧を

解消する事も出来ます。

そんなホルモンバランスの乱れを自宅で簡単に整える事プログラムがあります。

「パーフェクト・ブルーデイズ・プログラム」というプログラムで、

当然、薬やサプリを服用するものではないので副作用も無く安心です。

それは、ある方法を自宅でリラックスしながら行うことです。

このプログラムは効果が出るのが早いのでモチべーションも下がらないので

継続して行えます。

今なら、いろいろと特典も付いていますので、ぜひ一度ご覧ください。

「パーフェクト・ブルーデイズ・プログラム」はこちら ↓ ↓ ↓

 

 - 産後クライシス