授乳中の姿勢に要注意!身体が歪んで脂肪がつきやすくなる! | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

授乳中の姿勢に要注意!身体が歪んで脂肪がつきやすくなる!

      2016/06/10

太っている女性

 

産後、多くのママが小さな我が子を抱っこして授乳していると思います。

授乳中 は、赤ちゃんが飲みやすいように、新生児のころはママのおっぱいの高さに

合わせてタオルや授乳クッションを使います。

産前や妊娠中はわざと姿勢を崩して生活している人はいないと思いますが、

産後はとにかく小さな赤ちゃんに合わせてママは身体を縮こめるようにしがちです。

最初は慣れない姿勢に疲れを感じやすいですが、だんだんと身体が慣れてきて、

多少悪い姿勢でも、肩や背中が痛いと思いながらも、

忙しさで耐えてしまうママが多いのではないでしょうか。

しかし、それがダイエットにも影響する場合があるのです。

なぜなら、人間は身体の緩んだ箇所に脂肪がつきやすいからです。

産後は、特に腰やお腹周りの脂肪が気になるママが多いと思います。

それは、お腹には重要な臓器が集まっているためです。

 

授乳中

 

妊娠前よりきれいになれる頑張らなくてもいい産後ダイエット

 

授乳中は猫背になりがちなのでお腹周りの筋肉をあまり使いません。

使わない(楽をする)=筋肉が衰えるのです。

また、一緒に横になれるため、添い寝をしながら授乳しているママもいますが、

これも姿勢を崩せない上、そのまの姿勢で寝てしまうこともあり、

首や腰まわりに負担がかかり、歪みの原因となります。

身体が歪むと血流が悪くなり、老廃物が排出されにくくなり、頑張って運動して

ダイエットしようとしても、痩せにくい身体になってしまいます。

毎日のことなので、授乳中は自分のことを気遣うのは難しいかもしれませんが、

たった一つ、姿勢を正して授乳するようにすると自然とお腹や背中の筋肉が鍛えられ、

脂肪がつきやすくなるのを防いでくれます。

そうは言っても授乳中の姿勢なんて気にしていられない!というママは、月に一度、

いつも頑張って育児をしている自分のご褒美として、

全身の歪みを矯正してくれる整体に行くと良いかもしれません。

最初は抵抗があるかもしれませんが、産後の悩みも相談できますし、全身のことなので、

便秘や生理など個人の悩みにも答えてくれます。

ぜひ、一度行ってみてはいかがでしょうか。



 - 産後ダイエット , , ,