ご出産お疲れさまです、ママの体もいたわってますか? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

ご出産お疲れさまです、ママの体もいたわってますか?

   

腰痛

出産後、腰痛を引き起こすママが増えています。

出産による骨盤のゆがみや疲労、息つく間もなく始まる慣れない育児や

無理な体制などが原因としてあげられます。

では、休みのない育児の合間でどのように対策していけばいいのでしょうか。

手軽に始められることもあります、ぜひ参考にしてみてください。

 

1 骨盤ベルトを付ける

1つめは、骨盤ベルトや産褥ベルトを巻くことです。

安価なものですと1500円~2000円ほどで購入することができ、

巻くだけで予防することができる優れものです。

ママの体にフィットしたものを選んでください。

帝王切開 のママも使うことができますが、傷口を圧迫してしまわないよう、サイズ

はワンサイズ上のものを選び、ベルトやマジックテープでサイズが

調整できるものをおすすめします。

傷口の保護にもなりますし、もちろん腰痛予防にもなります。


 

2 授乳クッションを使う

2つめは、授乳クッションを使うことです。

授乳やミルクの際はもちろん、長時間の抱っこの際にも非常に便利です。

わざわざちゃんとした授乳クッションを買う必要はありません。

バスタオルを丸めたり、枕を使ったり、ソファーの肘置きを使っても大丈夫です。

また、お出かけの際には抱っこひももおすすめです。

新生児から使えるタイプのものもあります、抱っこひもは意外と重宝しますので

ぜひ使ってみてください。

 



3 ストレッチをする

3つめは、ストレッチを行うことです。

産褥体操とも呼ばれています。

ちょっとした空き時間に軽めのストレッチを行うだけで十分です。

子育てに忙しく何かと運動不足になりがちですが、激しい運動はまだ控えるようにしましょう。

 

4 体を温める

4つめは、体を温めることです。

血行がよくなり体の調子を整え、ママ自身のリラックス効果もあります。

温かい飲み物やスープを飲んだり、湯船につかって体を温めると非常に効果的です。

育児に忙しくシャワーだけとなりがちですが、たまには少しの間だけでも

湯船につかってみるのもいいですね。

 

いくつかご紹介しましたが、パパや周りの協力が得られれば整体院に行くこともおすすめです。

休みがなくあわただしい毎日だと思いますが、赤ちゃんのためにもママが元気でなくてはなりません。

ママ自身のケアもしっかり行っていたわってあげてください。

 

腰痛にやさしい敷布団

↓  ↓  ↓



 - 骨盤 , ,