産後の腰痛,尿漏れは骨盤のゆがみが原因? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後の腰痛,尿漏れは骨盤のゆがみが原因?

      2017/06/06

出産してから腰は痛いし、尿漏れもするなど

産後の腰痛や尿漏れで困ったりしていませんか?

それは、「骨盤のゆがみ」が原因かも知れません。

今回は、「骨盤のゆがみ」について説明したいと思います。

腰痛

「骨盤のゆがみ」はなぜ起きる?

妊娠中、子宮の中で大きくなった赤ちゃんを体外へ出すとき(出産)骨盤は最大限に緩め(広がります)ます。

広がった骨盤は、産後2~5ヶ月かけて戻っていきますが、体を動かしたり、悪い姿勢を続けると

骨盤がゆがむ人がいます。

医学用語では骨盤輪不安定症と呼び、いわゆる「骨盤のゆがみ」です。

 

 

「骨盤のゆがみ」が原因の体のトラブルとは?

骨盤がゆがむと、骨盤周辺の血流やリンパの流れが悪くなります。それが原因で起こる症状として、腰痛、尿漏れ、股関節痛、太る、冷え性、肩

こり、むくみ、不眠、便秘、痔などがあります。すべての症状が起きるわけではありませんが、このような不快症状が起きると普段の生活にも支

障をきたす場合があります。そのようなときは、骨盤のゆがみを矯正するいくつかの方法があります。

1 産褥(さんじょく)体操です。

この体操は産後1に目から出来る体操です。

関連記事として「産後ダイエットの正しい方法について」に動画がありますので参考にしてください。

2 骨盤底筋エクササイズです。

このエクササイズは簡単な体操から始めて、本格的なエクササイズは産後2ヶ月目位

から始めるようにしましょう。

関連記事として「産後に尿漏れが多いのはなぜ?」に動画がありますので参考にしてください。

ストレッチをする女性

3 骨盤矯正エクササイズです。

産後1~2ヶ月目位から始めるようにしましょう。

4 骨盤体操です。

これも産後1~2ヶ月目位から始めるようにしましょう。

 

まだいろいろとヨガや骨盤ベルトを使用するなど方法はありますが、今回は、一般的に効果があると

言われている方法を紹介しました。

 



骨盤のゆがむを矯正するなはいつから始めるの?

産後1ヶ月位までは体が妊娠前の状態に戻っていません。無理をせず体の体調を整えて下さい。

始めるのは産後2ヶ月~6ヶ月位がおススメです。

産後の骨盤のじん帯は柔らかいですので、柔らかい内に始めた方が元に戻りやすいです。

硬くなってからでは矯正が難しくなってしまいますので注意しましょう。

 

補足

骨盤のゆがみが原因の腰痛,尿漏れで悩んでいるママさん達は非常に多いです。

骨盤のゆがみは、出産されたママさんには必ず起こることです。

帝王切開して出産しても骨盤のゆがみは生じます。

出産後は、すぐに骨盤を元の状態に戻そうとしますが、完全には

戻りません。

そのため、骨盤体操や骨盤ベルトを使用するなどして元の

近い状態に戻す必要があります。

腰痛,尿漏れを改善するためにも、産後のママさん達のために開発された

「産後用トピナガードル」をおすすめします。

「産後用トピナガードル」は、骨盤の歪みを矯正しますが、その他に

嬉しい副作用がります。

その副作用とは、肥満体質の改善です。

「ゆるゆるお腹」や「ぽっこりお腹」など、出産で痩せづらくなった身体を

改善してくる効果が期待できるからです。

その構造は大量発汗を促しますが吸水・速乾に優れていて

24時間着用していても自然で着心地が良い点にあります。

お客様からも「お腹がへこみました」「傷にさわらなくて、お腹もポカポカ

暖かくて調子が良い」などの嬉しい声が届いています。

貴女も尿漏れの心配とサヨナラして、綺麗な身体を手に入れませんか?

 

「産後用トピナガードル」はこちら ↓ ↓ ↓


 - 骨盤 , ,