産後 虫歯が増えた、どうして? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後 虫歯が増えた、どうして?

      2016/10/10

歯痛

 

 

「妊娠前までは虫歯が1っ本も無かったのに、産後、虫歯が

増えた気がする」というママさんたち、結構多いんですよ。
ではなぜ、妊娠前は虫歯が無くて出産後に虫歯になるママさんが

多いのでしょうか?
出産と虫歯の関係について調べて見ました。
では、どうして虫歯が出きるのか、簡単に説明します。

食事やおやつを食べた後、お口の中にいる虫歯菌(ミュータンス菌)

が食べかす(主に糖類)を餌にして大量に酸を出します。

この酸が歯の表面をコーティングしているエナメル質や象牙質を徐々に

溶かして虫歯になってしまいます。

通常は、唾液が酸を中和させたり、溶けた歯を再生させるなどの

働きをしますが、唾液に量が少なくなると虫歯菌が出す酸を中和する

速度に追いつかず虫歯になってしまいます。

また、虫歯になる原因のほとんどが歯垢にあります。

歯垢は食事や間食の食べかすと思いがちですが、

細菌の塊です。

プラークとも呼ばれています。

歯垢のなかには、虫歯菌や歯周病菌も含まれおり、

これを取り除かないと虫歯になってしまいます。

また、歯垢は歯の色と同じ白なので、確認しずらいですし、

歯磨きでも完全に取り除くのは難しいです。

確認する方法として、市販の歯垢染め出し液を使うとよいでしょう。


歯周病・口臭・口内炎を改善する!「パーフェクト・マウスケア」

では、出産と虫歯の関係ですが、、一見何にも関係無い様に

思いますが、妊娠によって、体は変化していきます。

まず、妊娠初期のつわり、ツラいですよね。

そのため、歯磨きをすると気分が悪くなって、ついつい

サボってしまいがちです。

それと、妊娠するとホルモンバランスが崩れ,細菌が増殖する傾向

があるのも虫歯や歯周病の原因になります。

歯周病が重篤になると早産になる可能性が高くなるので、注意しましょう。

また、妊娠してから出産産後と口の中は酸性化すると言われてます。

酸性化すると、当然虫歯になる可能性も高くなります。

あとは、産後のストレスも原因の一つです。

産後は寝不足や子育て、家事とストレスが溜まります。

ストレスが溜まると、唾液に量が少なくなる傾向があるからです。
まとめると

1 歯磨きをさぼる

2 お口の酸性化

3 唾液の減少

などが主な原因です。
虫歯の予防として

1 歯磨きは毎食、間食のあとすぐに行ないましょう。

2 歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯垢を取り除く習慣をつくりましょう。

3 キシリトールを取りましょう。(ガムでよいです)

4 フッ素洗口を行いましょう。

5 歯垢染め出し液を使って歯垢のチェックをしましょう。

などを行うと虫歯を予防できます。

もし虫歯になった時は、我慢をせず早く歯科医院に行きましょう。

我慢をすると虫歯はどんどん悪化していきます。

また、治療にも期間がかかりますのでお気を付けください。

 

ホワイトニングだけじゃない虫歯、歯周病予防に!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 - 虫歯 ,