産後 尿が出ないという経験ありませんか?  | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後 尿が出ないという経験ありませんか? 

   

お腹を押さえる女性

 

産後、意外と多いのが「尿が出ない」「尿意を感じない」などの

排尿障害です。

尿意を感じないのはまだ良い方ですが、膀胱がパンパンなのに

尿が出せない時はツラいですよね。

今回はそんなツラい産後の排尿障害について調べてみました。

産後の尿トラブル

子宮と膀胱、尿道はとなりあった場所にあります。

そのため、赤ちゃんを出産する時に膀胱、尿道が圧迫されます。

その時、自律神経の神経線維がダメージを受けることで、

膀胱や尿道に知覚障害が起こり尿のトラブルの原因になります。

通常、この障害は1週間くらいで改善すると言われていますが、

改善が見られない場合は担当医師に相談してください。

トイレ

 

排尿障害の対策

尿意を感じても尿が出ない、でも膀胱はパンパンな時、ツラいですよね。

このような時は、導尿をしてもらうのが良いでしょう。

導尿とは、カテーテル(細い管)を尿道から膀胱に差し込み尿を排泄する事です。

ただし、何度も行う事はおすすめできません。

導尿を頻繁に行うと、今度は尿漏れの原因になる場合があるからです。

出来るだけ自分で出すように訓練しましょう。



では、どのように行えば良いのでしょうか?

簡単な方法として

1 決まった時間にトイレに行く

2 膀胱の辺りを軽く押してみる
(傷がある場合は行わないでください)

3 シャワーでもよいのですが、水の流れる音を聞くと良いと言われてます。

はじめから勢い良くは出ません。

はじめ「ぽたぽた」から「ちょろちょろ」

「ちょろちょろ」から「シャー」となります。

あまり焦らず訓練してください。

また、2週間くらいしても改善されないようであれば、

一度担当医師に相談してください。

骨盤のゆがみに効果

 ↓  ↓  ↓



 - 尿漏れ ,