産後の生理不順 生理周期が早いのはどうして? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

産後の生理不順 生理周期が早いのはどうして?

      2016/10/13

生理

 

産後の生理不順。 とても深刻です。

特に生理周期が早く、月に二回生理が来ているという産後ママも少なくありません。

一体なぜなのでしょうか。

まず、産後は母乳や育児、生活リズムの不調により、ホルモンバランスの乱れ、

ストレス、疲労がいやでもたまる時期です。

そんな時に生理不順になるのは当然と言えます。

再開の時期も母乳を上げていても、産後一か月で再開という人もいれば、

一年たってもまだ来ないなんて人もいます。

そんな状態に加え、生理周期が月二回などと早くなっているのはなぜなのでしょう。

 

日本名医100に選ばれた福辻先生の 生理痛緩和「福辻式」

 

まず生理が起こるしくみですが、子宮の内側の子宮内膜は排卵と

連動して徐々に分厚くなっていきます。

そして子宮内膜が約1㎝程の厚さにまでなってくると自然と剥がれ落ち、

出血となって体外に出る、これが生理です。

そして、これはホルモンによって引き起こされます。



そして生理周期が早く、頻繁に生理が来ることを頻発月経と言います。

産後、生理周期が早くなる、頻発月経の原因は大きく分けて二つ。

ホルモンバランスの乱れと卵巣の機能が低下していることです。

ホルモンバランスは、出産、育児による体力の低下、

疲れ、睡眠不足、ストレスなどが原因です。

ホルモンバランスの乱れにより生理周期が短くなる原因は、生理周期前半の卵巣の中の

卵胞が女性ホルモンにより育つタイミングで、ホルモンバランスが乱れていると

その成長期間が十分とられず、卵胞の育つ期間が短くなり、頻発月経を起こします。

卵巣の機能の低下は、いわゆる排卵障害を引き起こし、

その影響で生理周期が短くなってしまいます。

それでは、産後の生理周期の乱れはどのように改善していけばいいのでしょうか。

赤ちゃんに、まだまだ手がかかるうちは難しいとは思いますが、

なるべく生活リズムを整えて、睡眠・休養をとること。

そうしてホルモンバランスを整えていくことが何より効果的です。

そうはいっても難しいという方は、冷え対策をするのがお勧めです。

体温が上がり、血行が改善されるとホルモンバランも整いやすくなりますので、

足湯やマッサージ、ストレッチなど体に負担がない方法から始めてみてください。

 

毎 月 の お 悩 み に !

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 - 生理 , ,