帝王切開で出産 産後の痛みはいつまで続く? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

帝王切開で出産 産後の痛みはいつまで続く?

   

妊婦

 

 

帝王切開による痛みは傷の痛みだけと思われがちですが、
後陣痛といわれるもの、出産を終えたあとに子宮が出産前の

大きさに戻ろうとする子宮収縮の2つの痛みが同時にやってきます。

この痛みはいつやってくるのかというと、

だいたい手術で使われる麻酔が切れるのは、局所麻酔、全身麻酔と

麻酔の種類や麻酔の量にもよりますが2~6時間といわれています。

麻酔が切れるともうベットから起き上がることが恐怖になります。

後陣痛の痛みは普通分娩よりも痛いと言われているし、

子宮の回復も普通分娩に比べて日にちがかかると言われています。

でも子宮の回復にはすぐ動くことが条件みたいなので、

麻酔が切れると看護婦さんは、尿管にチューブを通してくれるわけではなく、

トイレには自分で行ってくださいと言われます。

何もしていなくても痛むのに、おむつ交換や、

母子同室でない病院では赤ちゃんの授乳も頻繁に新生児室に行かないといけない大変さがあります。

傷口の痛みと子宮収縮の痛みで、姿勢を真っすぐにして歩くことは困難で、

腰を曲げて手すりに手をかけながら、ゆっくりと歩いていく人が多いです。

また、後陣痛は2人目、3人目になるにつれ痛くなると言われています。



肩こり・腰痛さよなら~。SGマーク付で安心・安全設計の抱っこひも

「napnap 公式オンラインショップ 」

 

くしゃみやあくび、笑うことすら痛いので、よく帝王切開後に病院にお見舞いにきた人に

「本当に笑かさないで・・」と思うというのは経験者なら皆さん合意します。

赤ちゃんが出てくるくらいの範囲を切るのですから、

寝がえりの時の激痛などの痛みで熟睡できない人がほとんどです。

これは子宮にたどりつく為に腹筋を切っているからです。

そんな痛みも術後3日目くらいから徐々にですが落ち着いてきて、

退院する頃にはさほど気にならなくなるという人がほとんどです。

ですが、傷口の痛みが完全になくなるのはおよそ2週間から1か月程度かかると言われています。

また、麻酔による頭痛、吐き気、嘔吐などの副作用が出る人もいてます。

帝王切開とは最近では4~5人に1人いわれるほど身近になってきているし、

赤ちゃんを産むという神秘的なことですが、お腹を広範囲切るのですから大手術です。

その認識を持って、痛みが収まっても無理をせず元の体に戻れるように周囲の人と

理解しあっていくことが大切です。

妊娠線や肉割れ線・お腹のたるみでお悩みの方に朗報です!
妊娠中・産後のお肌トラブルにこれ1つ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 - 子宮 , , ,