「産後うつ」ってどんな症状になるの? | 産後のお悩み相談

産後のお悩み相談

産後のいろんなお悩み解決のお手伝いをします

「産後うつ」ってどんな症状になるの?

      2016/05/18

夜の授乳、夜泣き、眠くても起こされる。

こんな日が毎日続く、夫は家事も育児も手伝ってくれない。

幸せを夢見ていた自分が壊れてゆく。

まるで、地獄のようだ。

イライラ、訳もなく悲しくなる、夫に愛情を感じられない、

もう育児も嫌なんて事が1ヶ月も続いているのであれば、

それは「産後うつ」かも知れません。

「産後うつ」は病気です。

放って置くと大変危険な病気です。

「産後うつ」とはどのような症状なのか知っておきましょう。

 

頭を抱える女性

「産後うつ」ってどんな症状になるの?

「産後うつ」に似ている症状で「マタニティブルー」があります。
「マタニティブルー」は軽度のうつ状態になる事で、急に悲しくなったり、
落ち着きが無くなったりしますが、数日から2週間位で治ります。
病気ではありませんので治療しなくても大丈夫です。
しかし、「産後うつ」は違いますので注意しなければいけません。
1ヶ月以上症状が続く場合はすぐに医師に相談をしてください。
それでは、「産後うつ」症状をいくつか紹介します。

抑うつ気分
気分が落ち込んでやる気が出ない。
家事、育児の放棄。

興味、喜びの著しい減退
夫に愛情を感じなくなる

焦燥感や不安感
焦って苛立ち、ささいなことに強い不安を感じる

不眠あるいは過眠
あまり眠れない、またはいくら寝ても眠い状態

思考力や集中力の減退
反応が遅くなったり、頭がボーとする。
赤ちゃんが泣いていても気づくのが遅くなったり、
人の会話が頭に入ってこない。

自責の念にかられる
自分で自分を責める、または悪い方に考える。
母親として育児に自信が無くなった。

食欲の低下または増加
食欲がわかない、または食欲が止まらない状態。

易疲労性
疲れが溜まって、なかなか抜けない。

頭痛
いつも頭痛がする。

他にも、妄想状態や、自殺願望を発症するケースがありますので、
その様な場合はすぐに病院に行って医師に相談してください。

眠る女性

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方へ

 

「産後うつ」にならない為の対策

妊娠して出産、育児と母親になると肉体的、精神的また生活環境は
劇的に変化をします。
その様な環境を乗り越える事は並大抵の事ではありません。
産後10~15%の女性が産後うつ病になるという調査結果がある通りです。
それでは、「産後うつ」にならない為には、どのような対策
をしたら良いでしょうか?

一般的に「産後うつ」になりやすい人とは、まじめな人、頑張り屋さん、
神経質な人と言われています。

ですので、その逆をするくらいで考えてみて下さい。

無理をしない
まじめな人、頑張り屋さんは無理をしがちです。
多少サボるくらいの気持ちでストレスを溜めないようにしましょう。

疲れた時は休む
夫や家族に協力してもらい、疲れた時などは休むようにしましょう。

何でも一人で抱え込まない
オムツの取り換えや食事など、夫に協力してもらいましょう。

ママ友を作りましょう
はじめての赤ちゃんで育児の悩みなどを相談したくともできない
などの場合は、行政で行っている子育て支援センターがありますので、
積極的に活用してママ友を作るのもよいでしょう。

ストレスを溜めない
ストレスを溜めない事が非常に大切です。
「産後うつ」の原因については諸説あります。
女性ホルモンの急激な変化など・・・ありますが、
ストレスもその要因の重要な一つです。
散歩をしたり、軽い運動もストレス発散になりますので、
積極的に行ってください。

最後に、何と言っても夫や家族の協力は不可欠です。
多少甘えるくらいの気持ちで家事、育児を手伝ってもらいましょう。



 - 産後うつ , ,